ニュース
» 2016年02月19日 20時46分 UPDATE

425点の全面位相差AFセンサー搭載の高速ミラーレス「α6300」発表

α6000の高速AFがさらに進化し、AFの食いつきも大きく向上。動き回るものでも容易に撮影できるAPS-Cミラーレス「α6300」が登場した。

[園部修,ITmedia]

 ソニーが2月19日、高速AFと世界最多を誇る425点の全面位相差AFセンサーを採用したミラーレス一眼「α6300」を発表した。3月11日に発売予定だ。価格はオープンプライスだが、実売予想価格はボディのみが13万5000円前後、ズームレンズキットが15万円前後(いずれも税別)。

α6300 α6300

 高速なAFがウリの「α6000」から、センサーを新開発のものに変更し、さらなる高速化と高感度対応を果たしたのがα6300だ。APS-Cサイズのセンサーは、有効約2420万画素のExmor CMOSで、配線層を薄くして集光効率を向上。最高ISO 51200での高感度撮影を可能にした。読み出しも高速化しており、4K動画の撮影やHD120fpsハイスピード撮影などもサポートしている。画像処理エンジンのBIONZ Xも新センサーに最適化させ、高感度時でも低ノイズで高画質は写真や映像が撮れる。

 AFシステム「4D FOCUS」は、デジタル一眼カメラでは世界最多となる425点の全面位相差AFセンサーを搭載し、広範囲・高密度にカバーすることで画面内の被写体を高精度に捉えることが可能になった。位相差AFとコントラストAFの組み合わせにより、AFは0.05秒と世界最速クラスを誇る。独自開発の高密度AF追従テクノロジーでは、被写体の動きに連動して位相差AFセンサーを動的に切り替え、α6000比で約7.5倍高密度の測距点で被写体を捉え続けるため、非常に高い追従性を誇る。連写速度はAF追従をしながら最高で秒間8コマを実現しており、速度優先に設定すれば秒間11コマまで対応可能だ。

α6300 背面
α6300 上部

 また新たに全画素読み出し方式での4K動画撮影も可能になっている。ファストハイブリッドAFが進化したことで、動画撮影時も大きくぼけた状態からピント合わせがα6000比で最大約2倍に高速化。4K動画撮影時にもスムーズなピント合わせができる。記録フォーマットはXAVC Sで、4K 30pおよび24p記録、フルHD120p記録、フルHD 60p/30p/24pなどをサポート。ハイスピード撮影やスローモーション撮影も可能だ。

 ボディはトップカバー、フロントカバー、内部フレーム、リヤカバーともマグネシウム合金製で、軽量ながらも丈夫な作り。防塵防滴性能も確保した。外形寸法は(幅)約120.0× (高さ)66.9×(奥行き)48.8mm、重さは約404g。

α6300 正面から

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.