ニュース
» 2016年02月23日 15時53分 UPDATE

中古デジタルカメラ販売ランキング(2月11日〜2月17日):キヤノン勢の上位独占をリコーイメージング「GR」が阻止 1位は絶好調のキヤノン「EOS 5D Mark II」

マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。リコーイメージングの「GR」が急上昇で3位に返り咲き。好調のキヤノン勢は連続トップ10入りの記録をさらに伸ばした。

[板東太郎,ITmedia]

 マップカメラでの販売実績を元にお届けする中古デジタルカメラの販売ランキング。先週からの入れ替わりが4機種あったものの、10機種全てが過去10週以内にトップ10入りを複数回果たしているモデルであることから、あまり変化は感じられない週となった。

EOS 5D Mark II キヤノン「EOS 5D Mark II」

 特に安定感があるのがキヤノン勢の4機種。1位の「EOS 5D Mark II」、2位の「EOS 7D」、4位の「EOS 6D」は連続トップ10入りを10週以上続け、8位の「EOS 5D Mark III」も過去10週のうち9週でトップ10入りを果たしている。

 そのキヤノン勢にくさびを打つ形で3位に入ったのが、リコーイメージングのコンパクトデジタルカメラ「GR」。変化に乏しい今回のランキングでは、一番のポイントとなる。

 上位10機種に占める割合を見ると、フルサイズ/FXフォーマット一眼が6機種、APS-C/DXフォーマット一眼が3機種、コンパクトデジタルカメラが1機種。フルサイズ機の人気が高いように見えるが、低価格のAPS-C/DXフォーマット機やコンパクトデジタルカメラの人気モデルは入手性の問題でランク上位に残りにくいことから、一概にフルサイズ機が主流とも言えない。とはいえ、フルサイズ機だけを見ても人気モデルが固定化していることから、ランキングは全体的に安定傾向にあると言えそうだ。

 このような安定傾向が、2月25日から開催されるカメラと写真の一大イベント「CP+(シーピープラス)」以降も続くのかどうか注目したいところだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.