連載
» 2010年06月29日 09時17分 UPDATE

デジタル一眼トリッキー:第1回 風景が映り込んだ水滴マクロ写真の撮り方 (1/3)

レンズを逆向けにして取り付けるためのアクセサリ「リバースアダプタ」を使って、水滴の超クローズアップ撮影に挑戦してみよう。梅雨の合い間こそ狙い目だ。

[永山昌克,ITmedia]

 高価なマクロレンズを購入せず、少ない予算で超接写を可能にするアイテムとして「リバースアダプタ」というものがある。これをレンズに装着すると、通常とは逆の向きでレンズをボディに取り付けることができ、小さな被写体を大きく写せるようになる。

 どのくらい大きく写せるかは、レンズの焦点距離によって異なる。焦点距離が短いほど逆向けに取り付けた際の撮影倍率は高くなる。つまり、望遠よりも標準レンズ、標準よりも広角レンズのほうが、いっそう高倍率での撮影ができるということ。下の1枚目の写真は、レンズキットに付属する標準ズームを使ったが、リバースアダプタによって逆付けにするだけで、直径5ミリほどの小さな水滴を画面いっぱいにとらえることができた。

photo リバースアダプタと標準ズームの組み合わせでは、マクロレンズを超える撮影倍率を得られる。EOS Kiss X2 EF-S18-55mmF3.5-5.6 IS 絞り優先AE F22 1/4秒 ISO400
photo リバースアダプタは、純正またはサードパーティのメーカーから各マウント用のものが発売されている。左からニコンFマウント用の「BR-2A」(ニコン 2100円)、マイクロフォーサーズ用(八仙堂 2000円)、キヤノンEFマウント用(八仙堂 1500円)
photo リバースアダプタを介して標準ズームを逆向けに装着した状態。リバースアダプタの径とレンズ側のフィルター径が異なる場合は、ステップアップリングやステップダウンリングを間に入れて調整する。径さえ合えば他社製レンズでも装着可能だ

 このリバースアダプタによる接写は、実際にやってみると結構楽しめる。小さな植物や昆虫を大迫力で撮影できるほか、コインやお札、アクセサリー、食材、小物といった身近なものを超接写すると、肉眼では気付かなかった新鮮な発見を味わえる。中でも特におもしろいのが「水滴」の接写だ。水滴はそれだけでも見栄えがする被写体だが、水滴がレンズの働きをして、水滴の中に風景が映り込んだ状態では、近景と遠景が同居した不思議な雰囲気の写真になる。

photo 水滴が魚眼レンズのような働きとなり、小さな球体の中に風景が閉じ込められている。EOS Kiss X2 EF-S18-55mmF3.5-5.6 IS 絞り優先AE F22 1/15秒 ISO800
photo 水滴ごとに大きさや形はまちまち。風や時間の経過によって、その表情は刻一刻と変化する。EOS Kiss X2 EF-S18-55mmF3.5-5.6 IS 絞り優先AE F22 1/15秒 ISO1600
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.