レビュー
» 2015年06月23日 08時00分 UPDATE

これ1台あればもうほかはいらない――あきれるほどすごいスペックの「PowerShot G3 X」 (1/3)

キヤノンから登場した「PowerShot G3 X」は、1型センサーと光学25倍の高倍率ズームレンズを搭載したモンスターコンデジだ。これ1台であらゆるシーンに対応でき、まさに万能カメラという言葉がぴったりだ。

[荻窪圭,ITmedia]

 2015年最大のスペック番長になること間違いなしなコンデジがキヤノンから登場した。「PowerShot G3 X」である。春のCP+でモックアップが参考出品されて話題になっていたカメラだ。

PowerShot G3 X PowerShot G3 X

 これがもうとにかくあきれるほどすごい。これ1台あればもうほかはいらないんじゃないかと思わせてくれるレベルだ。

 まずイメージセンサーは「PowerShot G7 X」と同じ「1型」である。現在、ハイエンドコンデジの主流。このセンサーを搭載したコンデジは、明るいけどズーム倍率を抑えたコンパクトなカメラか、ズーム倍率は高いけどいわゆる「ネオ一眼」的重厚長大ボディのカメラかどちらかしかなかった。

 PowerShot G3 Xは、ギリギリまでコンパクトさを保ちつつ、他のどれよりも高いズーム倍率を誇るレンズを搭載してきたのである。

PowerShot G3 X レンズは沈胴式。レンズに焦点距離の目安が書いてあるのがよい

 広角から望遠まで1本でぜんぶこなせて、しかもそれなりにコンパクトで携帯性も悪くないという逸品。最終兵器デジカメと言ってもいいかもしれん。

スペック番長っぷりを堪能しよう

 PowerShot G3 Xのキモはハイエンドコンデジの主流となった1型センサーを搭載しているということ。1インチで約2020万画素。ハイエンド機ならではの写りを見せてくれる。

 それに35ミリ判換算で24〜600ミリ相当の25倍ズームレンズを搭載。1型センサー搭載のレンズ一体型カメラでは、パナソニックの「LUMIX DMC-FZ1000」の400ミリ相当が一番長かったので、それを越える望遠だ。センサーサイズが大きくなるとその分レンズが太く長くなるわけで、そこに挑戦したのは素晴らしい。

 24〜600ミリ相当となるとこのくらい撮れる

PowerShot G3 X 広角端。24ミリ相当
PowerShot G3 X 望遠端。600ミリ相当

 600ミリ相当もあれば困ることはまずないだろう。

PowerShot G3 X 広角から
PowerShot G3 X 望遠まで鏡胴がぐぐっと伸びる

 明るさはF2.8-5.6とテレ端でもF5.6に抑えてある。撮影最短距離はワイド側でレンズ前5センチ。テレ端でも85センチまで寄れる。だからまあだいたい何でも撮れる感じで素晴らしい。

 ISO感度はISO125からISO12800に対応する。

PowerShot G3 X ISO感度設定もダイヤルで行えて便利

 連写は最高で約5.9コマ/秒。

 AFは高速化されたが、被写体によっては望遠時に合いづらいことがあった。PowerShot G1 X系やG7Xと似た傾向と思っていい。

 近距離にうまく合わないときはマクロモードをオンにするといい。通常はマクロから無限遠まで合うが、マクロモードにすると近距離にのみAFが効くようになる。

PowerShot G3 X AFはワンショットかサーボ(いわゆる、シングルAFとコンティニアスAF)。連写も同じ画面で設定できる
PowerShot G3 X クイックメニューからAF方式を選択するの図
PowerShot G3 X AF枠はタッチAFで好きなところに置けるほか、AF枠のサイズも変更可能

 細かい事だが、NDフィルタを内蔵しているのもよし。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.