レビュー
» 2014年10月29日 14時42分 UPDATE

扱いやすいフルサイズ:写真がもっと楽しめる、チルト対応のフルサイズ一眼レフ――ニコン「D750」 (1/3)

ニコンの新しい一眼レフとして「D750」が登場。51点AFや秒間6.5コマの連写など、フラッグシップ「D810」に迫る高機能を備えつつ、可動式モニターを採用することで撮影領域をさらに広げたモデルだ。

[永山昌克,ITmedia]

剛性と小型軽量を両立したモノコックボディ

 ニコンの「D750」は、フルサイズのCMOSセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラだ。まず注目したいのは、同社フルサイズ一眼レフでは初めてチルト式の液晶モニターを備えること。

 ニコン独自の3軸ヒンジ構造を採用し、可動の角度は上に約90度、下に約75度。近ごろは多くのミラーレスカメラが可動モニターを搭載しており、そのメリットはもはや言うまでもない。ローポジションやハイポジションでの撮影はもちろん、カメラを腰の位置に構えたウエストレベル撮影や三脚使用時にも重宝する。

D750 ニコンD750 24-85 VR レンズキット
D750 収納状態から可動状態への動きがワンアクションで済むチルト構造のモニターを搭載。アングルの自由度は高い

 液晶の仕様は、上位モデルD810と同等となる3.2型/約122.9万ドット。色の3原色に白画素を加えたRGBW配列のタイプで、表面には衝撃に強い強化ガラスを装備する。表示の精細感は高く、拡大表示した際には厳密なフォーカスチェックが行える。

 ライブビュー使用でのAF駆動は、これまでの製品と同じくコントラスト検出方式となる。その合焦速度はあまり速くなく、ミラーレスカメラのような万能性はない。可動モニターを使ってライブビュー撮影を行う際は、マニュアルフォーカスを利用するか、風景や静物など動きのない被写体に限定したほうがいいだろう。

 ライブビューでのAF速度にはもの足りなさがあるものの、可動モニターの搭載自体は、撮影の自由度と機動力を高める進化として大いに評価したい。下の写真は、可動モニターを生かしてレンズを真上に向けて撮影したもの。無理な姿勢を取ることなく大胆なアングルが楽しめる。また、植物などを接写する際にも便利だ。

D750 マニュアル(F6.3 1/320秒) ISO100 WB:オート 焦点距離:20mm レンズ:AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
D750 マニュアル(F11 1/200秒) ISO100 WB:オート 焦点距離:70mm レンズ:AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR

 一方、一眼レフカメラの本来の魅力である光学ファインダーについては、視野率100%で倍率0.7倍のガラス製ペンタプリズムを搭載する。十分な広さがあり、その視認性は上々。明るくクリアな実像を見ながら快適に撮影が行える。

 ファインダー内の情報表示には有機ELを採用する。明るい場所でも各種の情報表示がくっきり見られるほか、ファインダー内にグリッド線を表示可能な点が便利だ。

 ボディは、内部にフレームを使わないモノコック構造となる。上面と背面はマグネシウム合金で、前面には炭素繊維複合素材を使用して、小型軽量と高剛性の両立を実現。と同時に、パネル接合部などにはシーリングを施し、D810と同等の防塵防滴性能を確保している。

 本体重量は、製品名の数字と同じ750グラム。カードとバッテリーを含めた重量は約840グラムとなる。チルト液晶を採用しながらも、液晶固定式のD610に比べて10グラム軽い。サイズについてはボディの奥行きが縮小し、より薄型になった。また、グリップ形状の改良によって、ホールド性はいっそう向上している。

D750 ペンタプリズムを使用した視野率100%ファインダーを搭載。接眼部はD810のような丸形ではなく角形となる
D750 ボディ前面からグリップにかけては、手触りのいいレザートーン加工を適用。吸い付くように指にフィットする
D750 筆者の大きな手でも深く握れるグリップで、ホールドバランスは良好。大きなレンズを装着してもカメラをしっかりと支えられる
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.